• サービスのご案内
  • 管理に対する考え方
  • ご契約事例
  • 一日一善
  • お客様の声
  • 会社概要
管理に対する考え方
トップページ >  管理に対する考え方

共用部分管理基準

共用灯:すべて点灯する事
共用灯:すべて点灯する事
◎球切れしている場合は速やかに交換する
◎節電等で間引きする場合には等間隔に各フロアー同一箇所を対象にする
◎電球色は統一する。
球切れを放置すると管理が不十分であることを印象付けてしまうので非常に重要な管理項目です。

ゴミ置き場:清潔に保たれている事
ゴミ置き場:清潔に保たれている事
回収日当日の朝に指定された種類のゴミが搬出され、回収後全て無くなっている事が望ましい。
単身者の多くは生活が不規則なせいかゴミだしのマナーが守れない方が多いようです。前日に可燃ゴミをだし、鳥害にあったり、回収後に出されてしまったり、分別をしていないことも少なくありません。ゴミ集積所に残ったそれらのゴミは近隣の方たちにとっても不快なことです。
路上に搬出するケースでは残置物は持ち帰ります。
保管所があるケースでは分別を確認し清潔に保管します。

共用廊下、階段:基本的に歩行の用途以外の使用を禁止
共用廊下、階段:基本的に歩行の用途以外の使用を禁止
傘等が出されていることが非常に多いですが傘についても基本的に室内にて保管して頂きます。陰干し等やむを得ない事もありますが徹底して私物による共用部を専有されないように管理します。廊下での傘の保管を許可する場合、傘立ての使用を条件とし、傘立てに収まる分だけに数を限定する。出来れば統一感を大切にするため共通のデザインの物を準備するのもよいでしょう。

自転車置き場:入居者それぞれ一台ずつの保有とし、あらかじめ決められた駐輪スペースに置かれている事
共用廊下、階段:基本的に歩行の用途以外の使用を禁止
退去時に残されてしまったり、廃棄するべきものを放置したりと限られた駐輪スペースに使われない自転車が多くなり必要な方が不便な思いをしている事が多くあります。
快適にお使い頂くために定期的な点検が必要です。
管理用ステッカーを1年に1回発行、更新をすることや、駐輪場を有料にする事をお勧めします。

集合ポスト:郵便物は定期的に入居者により取り出されており、郵便物が溜まった状態で放置されていない事
共用廊下、階段:基本的に歩行の用途以外の使用を禁止
不要なチラシを詰め込みすぎると、ポストが変形したり破損してしまったりすることがあります。
何より集合ポストが散らかっている事や溜まった郵便物がポストから溢れている光景は管理が不十分であることをより強調してしまいます。

以上の事は継続して管理されることが必要です。
共用についてのルールは少し窮屈なことですが、守られればとても快適なことです。
賃貸経営における望まないお客様は家賃を滞納されたり、近隣とトラブルを引き起こす方です。彼らの多くは管理者の指導を快く受け止めません。優良なお客様に長くお住まい頂くためにも明確なルールを定め、管理力を強化していくことが重要です。


管理基準の変更・新規導入時の既存入居者との摩擦
新築など初めての入居者様を募集する場合は、あらかじめ共用部分の管理について通知することで特に問題は起きません。
しかし管理会社やオーナー変更などによって管理方針やルールを改めたい時などに古くからの入居者から拒否反応が出る場合があります。
その場合のほとんどは突然のルール変更、ルール設定に対する反発です。
まず、管理基準やルールをまとめた書面による通知を行うことが大切です。
また、私ども清掃管理会社に基準・ルールの適用を委託していることを都度明確にすることが必要です。弊社の管理は建物オーナー様の所有者の権利を一部代行するという後ろ盾がなければ効果が望めません。オーナー様、管理会社様との管理方針を大枠でお打合せをし、個々のトラブルには弊社が主体的に取り組むことをお約束いたします。


当社サービス導入時にご自由に印刷してお使いいただけます。


ご相談・お問い合わせはこちら